コロンビアのグレードはサイズのみで決められます。
 
といっても品質をおろそかにしているわけではありません。

(このコンテンツは「ツウになる!コーヒーの教本」51~54ページを参考にしています)


ツウになる!コーヒーの教本(Amazon)
※「試し読み」とKindle版あります


コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)がコーヒー農家から豆を買い取り、商品にならない豆や枝など取り除く検査を行っています。
 
良質な豆だけを選んだ後、豆のサイズで等級を決めるわけです。
 
品質検査を行った上でのサイズによるグレード付けなので何も問題はありません。
 

 
コロンビアの格付けは三段階あります。
 
スプレモ(最上級)
スクリーン17(6.75mm)以上
 
エキセルソ
スクリーン16(6.5mm)~14(5.5mm)
 
5.5mmより小さな豆は輸出されず、コロンビア国内で消費されます。
 
FNCが検査したコーヒー豆にはCafe de Columbiaのロゴの使用が許可されます。
 
このロゴがついた製品はコロンビア産の高品質豆であると判断できます。