管理人よりお知らせ

渋谷の茶亭羽當(ちゃてい はとう) コーヒーサードウェーブ発祥の名店

chatei-hatou-eyecatch

前ページからの続きです。
 
次のお店は、アメリカ発の「コーヒーのサードウェーブ」を生みだすきっかけとなった、世界的に有名なお店です。
 
このお店の「ひとりのお客様のために、コーヒーをハンドドリップで入れる」スタイルが、サードウェーブの着想につながったのです。
 
(ちなみにファーストウェーブは一昔前の「アメリカンコーヒー」ブーム、セカンドウェーブはスターバックスコーヒーの大ブームです)
 
渋谷駅から10分ほどのところにあります。
chatei-hatou-1shibuya
 
そのお店とは・・・

茶亭羽當「サードウェーブ」発祥の地

chatei-hatou-2
 
茶亭羽當(ちゃてい はとう)さんは米国ブルーボトルコーヒーの創業者がこのお店に通い、ハンドドリップスタイルのサードウェーブコーヒーを生みだしました。
chatei-hatou-3
chatei-hatou-4
 
店内には花がたくさん。
chatei-hatou-5
chatei-hatou-6
 
オーナーの岩浪文明さん
chatei-hatou-7
 
「一杯ずつコーヒーをたてるのは、ただ『美味しいコーヒーを飲んでほしい』という気持ちから」
chatei-hatou-8
 
岩浪さんのこだわりは「手作り」。 表の看板もメニュー表も、昔から全て岩浪さんの手作り・手書きです。豪華ではないけど、手をかけて作ることで味と愛着のあるものになっていきます。
chatei-hatou-9
chatei-hatou-10
 
東京オリンピック招致で話題になった「おもてなし」は、このお店では30年前からやっています。
chatei-hatou-11
 
佐野さん「これがジャパニーズスタイル・サードウェーブコーヒーに影響をもたらした大元になっている『渋谷羽當』」
chatei-hatou-12
 
店主がコーヒー豆を選び、取り寄せ、焙煎・ブレンドし、ひとりのための一杯を入れてくれます。
chatei-hatou-13
 
羽當オリジナルブレンド850円
chatei-hatou-14
chatei-hatou-15
 
「ちょっとした苦みを感じた後、スッと入っていく。そしてその苦みが残らない」
「冷めても味が変わらず、美味しいまま」
chatei-hatou-16
 
次のページに続きます。
 

 
次のページ

コメントを残す